ありがたい一冊

COOK ‘S TRAVEL SERVICE : Over the Seven Seas

ボチボチやめますけどね、まだ読んでます。トーマス・クック関連。 だって面白いから。 タイトルからしてどこぞの豪華客船内のレストラン名みたいな雰囲気ですが、ある意味正解です。1923-1924年にト...
ありがたい一冊

INFORMATION FOR TRAVELLERS VISITING JAPAN.

せっかくの機会なんで、この際徹底的に調べ尽くしてやれと思って購入してみました。有名な「日本の歩き方」です。1900年には日本でオフセット印刷が可能だったそうですが、表紙と中に綴られている紙質が異なりま...
暗号通貨

2019年10月の仮想通貨界隈雑感 「たぶん中国にもっていかれるステーブルコイン」

7、8、9月は仮想通貨メモを残さなかったので久しぶりの更新です。わりと最近のニュースはネムのカタパルトでしたが、ここ数ヶ月で見るとやはり目玉はリブラでしょうね。3ヶ月前は大盛り上がりしたのですが今は閑...
テーマなき雑感の束

2019年10月の雑感メモ – 今月の肝ニュースは少子化ですかね

10月の増税パーティーは台風と共に吹き飛びましたね。千葉の方々もなかなか大変そうですが大災害を経験してるとなんで逃げないのか不思議です。そうかと思えば定価で買っているのに「コンビニがポイント還元で安い...
ありがたい一冊

In Lotus-Land Japan「この世の楽園 日本」

まだ読み漁ってます。トーマス・クック時代の絵本。 本日は以前メモった「英国人写真家の見た明治日本」の原書「イン・ロータスランド・ジャパン」のメモです。「ロータスランド = 地上の楽園」と訳されており...
ありがたい一冊

AROUND THE WORLD IN THE “FRANCONIA” 1930

まだ追いかけております。トーマス・クックなこと。昔の旅がどう展開されていたのか、今更知ったところで私の人生において何の役にも立ちませんが旅はロマンチックな部分も感じるのでついついね。初期のトーマス・ク...
ありがたい一冊

百年前の日本 – モース・コレクション写真編

今回もトーマス・クック倒産がきっかけで読んだ本。 作者のモースさんは大森貝塚を見つけた人でして、言われてみれば社会科の教科書で見たような見てないような、記憶にはない人でした。こういう記録を残してくれ...
ありがたい一冊

英国人写真家の見た明治日本「この世の楽園・日本」

調べるスイッチが入るとどこまでも調べ倒すのが悪い癖。本日は写真家ポンティングさんが見た明治日本についてのメモ。写真家ではありますが、実際に見られる写真は多くないようです。この方はスコット南極探検隊の映...
ありがたい一冊

Early Japanese Railways 1853-1914

先月トーマスクックが破産し、後を追うようにアドリア航空が逝きました。 欧州も景気が悪そうです。 ちょっと雲行きの怪しい世界経済ですがクックが逝ったニュース後からムクムクと芽生えた感情が、「当時はど...
ありがたい一冊

続・旅行会社が逝くとき『トマス・クック物語』

本日のお題はトーマス・クック。今までの人生で接点の少ない会社ですが、昔の畑を懐かしんでメモしたいと思います。というのもこの会社が作り上げたサービスは今も通用する開祖なので、別の言い方だと業界人だったら全員知ってる会社です。
テーマなき雑感の束

2019年9月の雑感メモ – いくつもの病院を制覇中

今年も残すところ3ヶ月ですか...。 親が壊れ始めるとなにかと手をとられますね。更新してる暇がありませんでしたが恒例のまとめだけはメモしてボケ防止です。 ・9月は仕入れで悩んだ月でした。消費税10...
ガジェット

三菱の二層式洗濯機から日立の縦型洗濯乾燥機へ

洗濯機も気がつけば20万コースが定着しつつある今日この頃。今年は春頃に冷蔵庫と洗濯機をポイしました。いまのところ切実に困った状況ではありません。
アプリ / ソフト

Macのセキュリティソフトをカスペルスキーから乗り換えなかった件

カスペルスキーのセキュリティの強靭さは噂通りです。ネット決済、ウェブカメラ、マイニングなどありがちな犯罪を先んじて阻止するサービス提供してくれました。もちろんSSLの「https」も追っかけまわし、ADも完全ブロックし...
テーマなき雑感の束

2019年8月の雑感メモ – 増税案内メールが虚しく届いた夏

8月も考えさせられるニュースだらけでした。内容濃すぎ。 ・中国の元安誘導がアメリカとの関税戦争にのりしろを作ったせいで株価ダダ下り余波で大騒ぎしても日本円は基軸通貨として数円の円高程度でビクともしな...
男の手(抜き)料理

食が細くなった両親へ餃子を投下

久しぶりの料理カテゴリー投稿は餃子。 今年は両親共々ポンコツに磨きがかかり体調を崩しております。あらゆる面で老後に備えてはおりますが、高齢者の悩みは1つでは収まりません。中でも手を焼くのが「食」です...
ひとりごと

人生は儚い。壊れるときは一瞬。 

8.11に伯父さんの体調が悪いことをメモしましたが8.21に亡くなりました。 末期ガンの伯父さんを見舞い自分の余生を考える - en1 まぁ85歳ですし大往生でしょう。 タバコは吸わなかったと記...
おすすめ動画

可処分時間分配ネット動画いろいろ

音楽もサブスクリプションになってからというもの、ダウンロードして聴く機会が激減。でも今だにサブスクを利用していません。たぶん頭の片隅に「サブスクだと所詮レンタルで、電気グルーヴみたいな事件をきっかけに...
ありがたい一冊

DEATH 「死」とは何か – 面白すぎる本

私の生涯で無縁なはずのイェール大学・ケーガン教授の名物講義だそうで、いよいよ完全版が出版されたということで手にとってみました。宗教ではなく哲学で斬った内容。超!おもしろい本。
老人社会

末期ガンの伯父さんを見舞い自分の余生を考える

本日は私のリアル伯父さんを訪ねました。それは人生を終える時が近づいており、自ずと親類が集い、各々が覚悟を決め、タイミングを見計らって...
ひとりごと

74年前は丸焦げの死体だらけの場所

タイトル写真は今日の写真ではなく春頃に撮ったものです。中央奥に原爆ドームが見えます。平和記念資料館はまだ工事中です。このアングルは知る人ぞ知る場所からのカット。場所を知っていても用がなければ入りにくい...
スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました