ありがたい一冊

ある沖縄移民のアマゾン旅行記「アマゾン讃歌」

相変わらず似たような本を読み漁っていますが、以前読んだ「明治海外ニッポン人」で目にした名前に「島袋盛徳(しまぶくろせいとく)、ペルーで移民史研究家」みたいなことが書かれており、本を読みながらスマホ検索していたら出てきた本が「アマゾン讃歌」なる本。
ありがたい一冊

移民 – 中国地方出身者は今…

本日のメモはズバリ「移民」というタイトルの本。移民の本は何冊読んでも飽きない。この本は1992年(平成4年)に「中国新聞創刊100周年記念企画」で刊行されたらしく、まもなく130周年ということになりますが、なんで中国新聞がこんな本を出したかというと...
ありがたい一冊

日本人海外発展史厳書 – 明治海外ニッポン人

いやぁ...凄い本と出会ってしまった。かなりヤバい。介護が落ち着いて自分の体が元気だったら行きたい地域「南米」について知りたくていろいろな本を読み漁っており、パラグアイ、奥アマゾン、コロンビア、キューバ、アルゼンチン、笠戸丸、ぶらじる丸と制覇したのですが、それらのどの本よりも衝撃的...
ありがたい一冊

海流 – 最後の移民船『ぶらじる丸』の航跡

先日ブラジル移民最初(1908年)の船「笠戸丸」の本を読んだので、最後の船も気になって読んだのですが、これはこれでお腹いっぱいになる内容の本です。なにせ船長が執筆されただけあって詳細でリアル。
テーマなき雑感の束

2021年6月の雑感 : いよいよ東京2020らしいですな

久しぶりに雑感の山を積みたいと思います。今月は人生初の酷い頭痛に悩まされました。これがまぁ痛いのなんのって、久しぶりに真っ昼間から横にならないと血管が切れそうなぐらい。というかもう切れてるんじゃないかと思います。3月ごろから血痰は止まらないし、過去に痛みを感じた場所とは違うので、これはよからぬ大病の...
ありがたい一冊

笠戸丸から見た日本 – したたかに生きた船の物語

今日はちょっとマニアックな本のメモ。簡単に言えば船の職務経歴書。私のことをよくご存知の方でもお付き合いした時期によって印象が異なると同じことですが、現代の船事情だと例えば「あの船、元はカーフェリーが客船になってるらしいよ」ぐらいの知識で事足りるかと思いきや、100年前の話になると...
ありがたい一冊

かなりやの唄 – ペルー日本人移民激動の一世紀の物語

本日はペルーの本。移民史というのは波瀾万丈という言葉がピッタリで、この本も内容が濃い。著者がご存命ならそろそろ90歳。私の両親より約10歳上というだけでこんなにも壮絶な人生なんですね。
ありがたい一冊

パンパの風趣に魅せられて – ブエノス・アイレス在住三十余年の体験記

暫く読み進められない本が枕になっており、この本もそのうちの一冊。 厚さがあって枕としての安定に寄与。 そんなことはどーでもよく、相変わらず南米絡みの本を読んでおります。既にパラグアイ、奥アマゾン、...
介護

介護とは忍耐の修行ですな

珍しく2回連投の介護ネタですが...その前に我が親のワクチン接種について。5月の3週目、両親宛にワクチン接種のお知らせが届きました。もう高齢ですから副反応が許容できれば接種もよかろうと思い尋ねると、息子の誘導トーク一切なしに本人たちの...
介護

認知症スタートの母親に(今更)LINEのCLOVA Friends投入

長生きするとボケるというのは仕方ないことですな。もうどーしようもない。2020年の認知症患者は603万人だったそうです。予測では2025年に約730万人が認知症になるらしいのですが、身内でその兆候が現れて感じることは「足腰元気だと徘徊するというのはこのことか。これだけ認知機能が低下しても介護認定レベルが低いと居宅介護は困難...
音楽

団塊jrが自分の懐メロを探っていたらデュークエイセスにたどり着いた件

介護が忙しすぎて自分のことがなにひとつ前進せずな日々ですが久しぶりに水どうのDVDを買ったり音楽を聴いて憂さを晴らしておりました。本日のメモは「団塊jrにとっての懐メロってなんなのさ」です。
暗号通貨

4年ぶりにETHを買い増して「Maps.me」と「MVI」購入

今はイーサリアムの右肩上がりが継続中。ごく簡単に言えば希少価値を高める動きが続くのでしばらくこの状況は続くと思います。今イーサは30万ですが、4年前の今頃ビットコインも30万でした。当時の私はと申しますと「ビットコインに30万かー。
ありがたい一冊

108年の幸せな孤独 – キューバ最後の日本人移民、島津三一郎

相変わらず南米を探る本を読み漁っておりますが、この本は読み終えるのに5ヶ月要しました。100ページぐらいまで読み進めた辺りで飽きちゃった。なんで飽きたかというと、中身は島津三一郎ドキュメンタリーですがタイトル通り「108歳のキューバへの日本人移民」ですから島津さんだけで...
ひとりごと

養老先生の「情報化」と「情報処理」のメモ

ヤフーのGyoppy!から広告メールが飛んできて『「今は世界が半分になっちゃった」養老孟司さんに聞く、もう半分の世界のこと』というタイトルに釣られて読んだのですが、相変わらず面白い視点を文字や言葉で表現されるのがうまいなーと思いながらメモ。面白かったのが次の一節。
暗号通貨

「仮想通貨シンボルアプリがオプトインできました。アプリを更新してください。」の件

そもそも論としてオプトインを完了していると「Symbolアカウントのアドレス」が発行されております。それを復元するための「(24個の英単語)ニーモニックによるパスフレーズ」もスクショしてるはず。
ひとりごと

2021年3月の勘違いメモ : 通常運転へ向け軌道修正中

まもなく4月ですか... 介護生活で更新もテキトーですが生きております。 久しぶりに雑感をサクッとメモりたいと思います。 暗号通貨の損切りと追加購入 久しぶりに海外取引所や財布内部を確認しまし...
おすすめ動画

DVD「世界一への挑戦 南北アメリカ大陸縦断」のメモ

このDVDに収められているテレビ番組を仕掛けたのが、かの「テレビ東京」さん。安定のテレ東。1984年に放送された今から37年前のテレビ番組。実際のロケは更に1年ぐらい前でしょうね。なんと私が小学6年生です。当時の大人はこんなことをやらかしていた時代。
ありがたい一冊

安野光雅の「旅の絵本」シリーズ

本日は未婚子無しが「旅の絵本」を買って読んだメモ。いやぁ、1-2月は殺人的スケジュールで参りました。腰も痛く、今もすこし痛みを引きずっておりますが、親の介護もそれなりに手がかかり、今年は両親の確定申告もする必要があり、てんてこまいでした。
ひとりごと

サルでもわかるドル・コスト平均法

サルでもわかるドル・コスト平均法の結果を残したいと思います。ドル・コスト平均法についての細かな理論説明は書きません。興味がある方はYouTubeで解説動画でもご覧ください。ここでは結果のみ書きます。一般的には5年、10年長期で投資信託商品を積立運用すれば成果が大きいという人柱テスト。
音楽

医師として…時を越えたシネマ〜そして今

相変わらずサブスク登録せず過ごしております。動画は登録してもよいと思うことは多々あるのですが、なかなかまとまった時間を消費する余裕がなく、音楽は元々沢山iPodに入っているので定額消費するほどに至らずです。至らずなんですが時折気になる曲ってありますよね。
スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました