ASAHI PENTAX Super-Takumar 1:1.8/55

機材
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

実家の大掃除で出てきたのが「ASAHI PENTAX SL 23105」というカメラ。これ以外にもゴロゴロとカメラが出てきたのですが、このカメラだけは気になったので手元で分解掃除して中を見ていました。まだまだ現役投入できそうでしたがフイルム時代ではないのでボディは廃棄へ。

とはいっても戴けるものはいただきます。廃棄前の最後のお仕事はシャッター音とタイマー音です。昔懐かしい「ガシャコン」という音と「ジィー」という音をもらいました。機械の駆動音ですし懐かしさがありますね。

というのもレンズを見ると外観はキズもそれなりにあるのですがレンズ内部は綺麗な状態で、かなり過酷な放ったらかし状態だったにもかかわらずカメラ全体がケースに収められていていたせいかカビもなく「むむ!もしや手動フォーカスで楽しめる?」と思っていました。

そこで道具箱からアダプターを探して取り付けたらたまたま合うものがあったので装着。

単純素通しアダプターなので明るさは頼りない感じ。

雨の日の曇り空の下なので外出も面倒で部屋にあるものを適当に試し撮り。意外にも味のあるものが撮れて満足。めでたく廃棄を免れました。

最近のレンズは軽量でもボディが安っぽいものが多い中でずっしりとした金属ボディのグリップ感はピント合わせが楽しいですね。レンズに刻印されている「Lens made in Japan」の文字がモノ作りの真骨頂を感じさせる逸品でした。

share
機材
スポンサーリンク
en1.link

コメント

トップへ戻る