COVID-19 Before and After – Season3

Covid-19
この記事は約18分で読めます。
スポンサーリンク

9/19からの4連休が終わったころにネットでは「コロナ感染者数の減少に鈍化が見られる」文字が躍りだしたので第3幕のエントリーメモを再開しておりました。日本は世界でも珍しい展開ですが仮に日本人が奇跡の民族だったとしても空路再開すれば変異に勢いがつくんだろうと思います。

海外から見ても日本の封じ込めマジックは奇異で、島国、土禁、BCG、マスクなど諸説賑やかですがドイツの増え方と過去のBCG接種東西比較は「へー」とか思って見ちゃいますよね。不思議。

2020年9月24日の日本

いずれにしても高齢者や障害者施設でのクラスター着火だけは避けないと諸外国と同じ轍を踏むことになります。

COVID-19 Before and After
新型コロナウイルスのニュースに触れ始めて2ヶ月が経ちました。少しずつ常識が変化しています。感染症パニック以降世界の景色が変わっており、日本の対応で気になったことを更新エントリーで残しとこうと思います。
COVID-19 Before and After - Season2
5月25日の緊急事態宣言解除からたったの2ヶ月程度でどうやら次の波が来たようで再びの更新エントリーを再開し気になったことを残しておりました。

subhead zapping !

09/25 新型コロナ対策分科会「感染下げ止まり」宣言

検査スピードが上がっているので10月を待たずし底値宣言。あれだけ大移動があっても先の「中年以下と高齢者が交わらない外出」であれば死者数は増えないと思いますが連休のツケがどうなるか気になるところです。つまり「下値が今ぐらいの数値で暫く続くのが日常」という理解で生活しなさい、ということなんでしようね。

 

10/05 東京都 新たな感染者数 66人

これというのは4連休で移動しまくっても感染者数が増えなかったから経済活動は通常運転でダイジョウブということでokという展開ではありますが、寒さが身に染みてくるのは1ヶ月先ごろからですし、この少なさが安心できる数値かはなんとも謎です。

 

10/16 仏 1日の新型コロナウイルス新規感染者数が初めて3万人を超え

欧州は波が来てますね。1日あたりの新規感染者数はヨーロッパ全体でおよそ15万3千人。

フランスは夜間外出禁止令なんだそうです。ポーランドもレッドゾーンのロックダウンだそうです。ニューヨークもホットスポットの限定ロックダウン中。オランダ、ベルギー、スペインのカタルーニャも部分的にロックダウン。そしてロンドンもロックダウンへ舵を切る様相。なんとなくイタリアも時間の問題のような増え方。

過去のニュースが正しい場合、春の感染から回復した人々の抗体もリセット済ですので感染も2回目という事例が増えるんだろうと思います。

日本は10/16時点で "のほほーん" とした空気が流れております。

他の国とは「民度が違う」と言いたいところですがマスク、消毒液、うがい薬と転売できるものはなんでも火をつけるレベルですからその辺りは似たり寄ったりとすれば例のファクターXとか人種や遺伝的違いとか、あるんですかね

 

10/29 新型コロナウイルスが変異した亜種「20A.EU1」の感染者爆増中

致死率や症例については知りませんが現在欧州で感染者が急上昇中の亜種コロナ。上にメモった10/15頃の数値がポイントのようでスペイン北部から爆増と言われておりますが、どの国でも起こり得ることです。飛行機での行き来が再開したら日本入国は時間の問題でしょうね。

この新型は(移動制限が解除されてツーリスト往来が増え始めた)6月頃から姿を現し、目下欧州全体の8割がこのタイプで蔓延増加中とのことでした。

つまり欧州で6月ごろに生まれた種火が10月に入ったと同時に着火した感じですが、その頃のカタルーニャ地方の気温を振り返ると電卓は叩いてませんが「最低気温11-14度 / 最高気温22-24度」ぐらいでしたので日本も11月に入ると増加スイッチオンですかね。どうも春の蔓延と同様アクティブな学生移動で広がってるそうです。

バルセロナ, カタロニア州, スペインの月間予報 | AccuWeather
Get the monthly weather forecast for バルセロナ, カタロニア州, スペイン, including daily high/low, historical averages, to help you plan ahead.

死者が増えなければよいですが本格的な冬到来を前に暗いニュースです。やはり感染者が増えれば重傷者が増える図式だと先が思いやられます。この新型がアジアでも流行るのか、アジア型や日本型が生まれるのかさっぱりわかりませんが、強毒化してほしくないですね。

 

10/31 雇用調整助成金やGoToトラベルの延長と持続化給付金不正受給返金ラッシュ

好きにしたらえーですが、既に働かんでも食えるシステムに乗った法人って、アフターコロナで立ち直れる可能性はあるんですかね。今でも週に2-3日の出勤でアクビしてたら給料が貰える会社が存在してるわけですが、それを分かって救ってたとしたら国家はオワコンです。

不正受給返金ってね、ポッポナイナイするよりはマシとは言うものの、この国の民度も酷いものですな。返金問合せは6千件を超えており、情弱ではない感を漂わす意識高い系の30代から下が圧倒的なんだそうです。

2020年11月1日の日本

 

11/05  東京都で新たな感染者は269人へ。GoToシリーズはどーなってるの

なんだか地味に増えてる感じですね。ポツリ、ポツリと重傷者も上積み。

そしてGoToトラベルはノーショウで、GoToEatは紙切れで、GoToイベントは一瞬で終わる内容ばかり。祝日と天候に左右されない方法にしておかないと経済は鈍る一方。朝晩10度を下回る日が増えてますから、フツーに動きたくなくなる時期ですよね。

やっぱり欧州の後を追う日が来るんですかね。

 

11/08 全世界で感染が5,000万人突破

したみたいですが、ちょっとペースが急加速してますよね。

10/16から欧州メディアが騒ぎ出した頃は3800万人ぐらいでしたから1ヶ月足らずで1200万人増えたことになるみたいです。まぁ死者数ではないので慌てませんが、これだけ急増すると病院での対応が即パンクすることは誰だったわかることで、「しゃーないから2度目のロックダウン」の最中ですが、気になったのは回復者数を引いた数。

例えば11/9現在で全世界の「感染者数50,111,147人、回復者数32,892,365人、死者1,253,707人」とmsnサイトに書かれております。感染者数から回復者と死者を引くと約1,600万人が回復できてないということで、やはり不幸にも感染すると死に至らないまでも後遺症に悩む感じだと思います。

日本の場合も「感染者数107,086人、回復者数97,197人、死者1,812人」とmsnサイトに書かれております。これだと約8,000人が回復できてないということになります。

死亡数は他の死因と比較して低いですが回復できない人の様子が気になるのでした。

 

11/09 北海道で急増中

要因は寒さより人間らしく、まだねじ込めるレベルらしく、重傷者が出ませんよーに。

 

11/10 ファイザー社のワクチンが期待感だけで全世界大騒ぎの件

ポイントはBBC動画の通りですが、たった1分42秒の動画でアウトラインを伝え切っている通り、コロナワクチンなんてまだ先のお話です。ファイザー株を買うことも「ちょっと待て」というレベルのことに全世界が沸いたと思いたいところですが、つい先日FRBは「そろそろ2番底が来るかもょ」と言ったばかり。

最近株を始めた人はウハウハだと思いますが天国から地獄へ突き落とすための養分になる前に退避するタイミングにも感じてみたり。最近は医者もYouTubeチャンネルを開設するぐらいですが、その方々がワクチン接種してからでも遅くないと思っております。

 

11/17  グーグルAI予測 : 11/15-12/12に予測される日本の新規死亡者数 512人

グーグルAIのCOVID-19感染予測らしいです。

思いのほか緩やかな上昇カーブに少し安心しましたが陽性者が増えると死者も増えると思うと油断できません。そんなことよりも、この予測精度の高さ次第では予想より早く人間の仕事が消えそうです。ただでさえコロナで仕事が消えてるのに。

なにげに凄いことをしれーっと公開してくれますよね。データ素ソースが頼りないことは想像できますが人智を超えたAI予測です。春は「8割おじさん」とか言ってましたが冬には日本のマスメディアが「第3波の懸念」とか言ってるときにグーグルはバキッと「Deaths 512」ですから。

「人間は同じ石でつまずく唯一の動物」なので残念ながら意外と検討したりして...道民のみなさま、ご自愛ください。

Japan: COVID-19 Public Forecasts
Google Data Studio turns your data into informative dashboards and reports that are easy to read, easy to share, and fully customizable.

 

11/18 東京都過去最多 493人 警戒レベル4へのアナウンスは今日ではなく明日だってさ

東京もスイッチオンみたいです。

何が気になるって昨日メモしたグーグルAI予測。11/16-12/13に予測される日本の新規死亡者数 543人。死亡者が1日で30人増えました。明日はもっと伸びそうな予感です。

 

11/23 類は友を呼ぶ 「連休初日の観光地、東京からの人出今年最多」

9月の連休と同じ展開だと日本式マジックで感染者は増えずに収束するはずですが今回はどーなりますかね。この三連休は私の肌感覚としても「こりゃーかなりの人が出歩いてるなぁ」という印象です。宅配便のお兄さん方も「今日は久しぶりにご不在が多いですよ」とのこと。確かに9月の比じゃない感じですね。

世間で話題のGoToに無縁な生活をしていても空気の二極化を感じます。妙な同調バイアスに引きずられてる人が多そうな気がします。概ね3パターンに感じました。

  1. 時短営業などの自粛要請にキレる情報に集って同調するグループ
  2. 陽性者が増えれば自ずと死者が増えるため慎重なグループ
  3. GoToを止めない政府からの指示を待っているかのようなグループ

なんとなく主体性なき「YESかNOで決めてくれ」という空気を多く感じます。

例えがアレですが、日本というのは本当に摩訶不思議な国で、スーパーに陳列される規格野菜のように均一化に対して美徳を感じるように刷り込まれちゃってますよね。野菜ですから曲がったり太ったり痩せたりが当然なんですが、それを規格外として外すことで無価値のような扱いにするあの感じ。同じ育て方なら栄養価は一緒だと思いますが...。

そういった感じで「御上、はよー決めてくれ。じゃないとキャンセル料が発生するから旅にでる」同一規格の国民だらけということなんでしょうね。テレビでチラッと嵐山の様子を見ましたけど正月は一波乱あるかもですね。

2020年11月22日の日本

 

12/04 首相、コロナは「きわめて警戒すべき状況」

会見は見ませんでしたがネットの文字を追うと「いつまで官房長官やってるの」という辛辣系コメントが多かったのでそれこそ官房長官時代と同じスタイルで原稿ヨミヨミ終了と推察しますが、来週経済対策が発表されるそうで。

そもそも論として「命<お金」が常識なのでこうなっちゃうわけで、そこからスピンアウトして「命>お金」を実行すると日本では生きていけないという...選択肢のない社会環境に馴染めないと村八分になるシステムの国に生きるのは大変と感じます。

白菜や大根廃棄のニュースを聴きましたが、これって完全に「命<お金」です。出荷すると赤字になるので捨てるわけですが、それを報道ニュースに載せてまで「食べ物を粗末にしてもお金が大事ですよ〜」ってアナウンサーが解説してるわけです。それを見る日本人も免疫獲得してるもんだから「またこの手のニュースか。もったいないことをして」としか言わない。おかしな国に生きてますよね。そのニュースを見た人が翌日スーパーで白菜を買ってるんですからアホですよね。廃棄するような無価値なものに金を使う無駄。

野菜なんて1日で出来ないし、体の栄養素として必要だし、物理的生存に必須でも廃棄して、お金なんて1日で刷れるし、システムでいつでも通帳に0を足せる無意味なものでも、自然野菜より人工食品を口にして「病気になったらお金がいる」とか言ってるこの国って病んでますよね。

やれやれ。

2020年12月4日の日本

さすがに私も七分袖が寒すぎて長袖を着るようになりました。感染拡大は気温も関係してるでしょうから現時点でクリスマスや正月を待たずして起こり得ることが想像できるとなれば発表される経済対策は練りに練った対策であるはずですが...

 

12/14 GoToトラベル 12/28日から1/11まで全国で停止

とりあえずこんな感じ。

2020年12月14日の日本

この数字がactualかは極めて怪しいトリック数ではありますが、ある意味少なめに見積もってコレですから実態はもっと大変なんでしょうね。

分科会による4段階評価で北海道、東京、大阪、愛知辺りが大変なことは誰が見ても一目瞭然の展開ですがGoToシリーズがダラダラと延命されていた理由は県単位で見た時「ステージ2」相当が圧倒的に多くGoGoさせといて、市単位に狭めると急に「ステージ3.5ぐらいでね?」という状況であり、ウイルスが強烈に蔓延し始める気温5度が始まったところでGoTo寸止め劇と相成りました。

今日は全国的に激寒ですが...

ぶっちゃけGoToホニャララの是非よりも、年末年始に病院やホテルで缶詰になって働く人の多さ、辛さに泣けてきますよね。世間がコタツでテレビみたいな時期にそういう人たちのお陰で社会が成立しているという想像力の欠如に参ります。かつてバブル崩壊後の不景気で年末年始寒空の下で炊き出しなんてニュースにもため息が出ましたが今年はそれを越えそうな気配です。

大臣は当然のこと国会議員の皆様も寝ずの番で正月をお迎えください。

 

12/22 新型コロナ、国内の死者が3千人超(クルーズ船を含む)

日本の陽性者増加ペースが急上昇中。

コロナ変異種による英仏間の往来制限で物流が大変なことになっておりますが、人間がいかにウイルスを保持して動き回って感染源になっているかがよくわかります。今日までのところ日本でややこしい種に遭遇してないからたまたま運良くこの程度の増加で済んでいるような気も。

「指定感染症の類から外してルールを緩めれば医療崩壊はおこらないし無駄な経済自粛もなく飲食店等も通常営業できる」というポジトークもありますが、欧米のこの状態で緩めるには当事者だと怖くて無理ですよ。自分がその立場だったらとても軽々に発言できません。1億数千万人の命を預かっているわけですから。

2020年12月22日の日本

相変わらず経済活動が活発な地域が大変そうですが既に12/22ですから医療機関同士の調整は難しく...そうそう、本日私所用で病院を徘徊しておりましたが完全に超過密ですよ。年末年始の薬受け取りなどでごったがえしておりました。1人保持者が居たら即クラスター化するというのは分かる気がします。

入院に来られる方、酸素吸入機を着けて車椅子の方、なんだかゴホゴホ咳き込んでる方など...ほぼ全員マスクマンですから顔色も分からず不気味な時間となりました。

 

12/25 クリスマスの日に英国から帰国の5人から変異種感染確定

関空の3人は無症状で羽田の2人のうち1人は倦怠感があり「宿泊施設に滞在している」そうです。変異種でも重症でなければ「宿泊施設に滞在」というのが現実です。普段の空港検疫なんて「風邪ひいたぐらいで申告するほどでもないし〜」と思いながら通過するエリアですが渡航者数が少ないとはいえピリピリした空気でしょうね。

とりあえずこの5人は網にひっかかったことになりますからウイルスを運んでいるのは航空会社と「ヒト」ということになりますが、もし網から漏れた人がいた場合ちょっと厄介です。GoToコロナと揶揄されるわけです。

これって今後が気になりますよね。ご本人が発症しないのはよいとして、(14日間の)隔離生活後にウイルス保持者として誰かにうつしちゃう確率ってどのぐらいなのか気になります。

 

 

12/22に3,000人突破メモを残したばかりですが12/25は3,833人。

増え方が確変してますよね。

そーいえば12/14にMCO-LAXのUA機上でコロナ疑惑な人が死亡して大騒ぎでした。死人に口なしではありますが、こーゆーことが起こりうるのが今の旅のカタチです。変異種とワクチンの関係性もダンマリで接種推奨の空気ですが...来年も海外旅行は氷河期確定でしょうね。

2020年12月25日の日本

 

12/31 東京都新規感染者1337人

大騒ぎしておりますが大晦日時点の患者数は全国で34,127人なんですね。当然のこととしてテレビがどんなにギャーギャー煽ってもその辺を歩いてる人のほとんどが健康な人でして、且つ半数程度は無症状でピンピンしてます。もちん2-3日後にコロっと逝くこともありますが、いずれにしても元気な人が殆どという大晦日です。

マクロではそーなんですが、基礎疾患がある人間の循環器をヒーヒーいわすウイルスなので、そういった人が感染してしまうと重症化してしまい一発退場でもあります。そして年の瀬の稼ぎ時でも飲食店は自粛を求められ「この事態どないすんねん」ということでもあります。

2020年12月31日の日本

そして今日の東京は1337人らしいですがツイッターやユーチューブでも見受けられる通りそれなりの人口が移動してるみたいです。このタイミングで公共機関利用もどーかと思いますが動けば感染者が増えるのは第2波で実証済みなので正月明けも陽性者は順調に増えるんじゃないかと思います。すると当然重傷者も増える。

 

 

尾身さんというお方は全体を見た発言ですから私のような地方都市のど田舎なんて無縁ではありますが、それでも飲食に警鐘を鳴らしておられる。ここですぐにロックダウンや緊急事態宣言というキーワードが踊らざるを得ないほど民度が落ちているのが日本の悩ましいところ。

リスクを取って営業するのであれば20-50代とそれ以上の世代を分けた営業が必要でしょうし、それを政府が否定するのであれば自粛生活を経済補填するのが当然。生活が苦しい人を借金で縛り付け一部の企業株価を釣り上げて景気好調を演じてはおりますが感染者が順調に増え続けたら地獄が待っております。

ワクチンを打っても感染はゼロにならず、そのワクチンとて全世界の人が安全に打てるのはまだ先の話となれば、政府はもっと真剣に対処すべきでしょうね。なんで今の政治は近視眼的小粒な人ばかりなんですかね。しかも粒揃い。小選挙区制オワコンでしょうね。

ワクチン接種、まだ長く待たされる理由とは
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種が数カ国で始まった。スイスの一部の州では今週始まる。だが世界の需要に見合う量を製造できるようになるまでには、何年もかかりそうだ。

 

1/8から2/7まで東京、神奈川、埼玉、千葉で緊急事態宣言

ほんの少し首相会見を見ましたが...

今の首相は官房長官のイメージが強すぎて全く首相の器を感じません。あれだけの期間官房長官だと仕方ないことなんでしょうが棒読みが過ぎます。そして今の官房長官が厚労大臣時の会見はしどろもどろだったのに官房長官になった途端に偉そうな雰囲気なんですね。そのコンビがコロナ対策とか無理ゲーなんでしょうね。

緊急事態宣言については1/4から「そろそろヤバくね」と言いだしてから3日後、発効自体は4日後ですから緊急な割に呑気な宣言です。飲食店が目の敵になっておりますが事実かどうかは常にニュースで言われる「感染経路不明」と言われる通りです。東京だと電車やバスで感染してると考えるのがフツーだと思います。ウイルスに対して合理的対処は無理ということでしょうね。

2021年1月7日の日本 1都3県に緊急事態宣言

今回の増え方に変異種が関係しているのか気になるところです。実効再生産数が「+0.7」となれば更に加速するはずなので...。

ここにきて「医師会は金儲け主義だ」「ベッドはガラガラ」「うちは満床」「日本は小さな病院が多すぎて需給が合ってない」「民間はPCR検査でボロ儲け」「看護師は疲弊」「学生招集学徒動員か」などなど色んな文字を目にしますが、火のないところに煙は立ちませんから少なからずアタリなんでしょーね。

 

1/14から 大阪、京都、兵庫、愛知、岐阜、栃木、福岡でも緊急事態宣言スタート

岐阜の判断理由はよくしりませんが、早い話が黒い都市がアウトという流れです。

2021年1月13日の日本

たぶん最大の問題は無症状者の行動ですよね。自分がウイルス保持者という認識が薄いので歩き回るわけですから検査しまくって白黒はっきりさせたほうが行動抑制にもつながると思いますが、相変わらず「夜の街関連」というわけのわからない言葉で濁す「臭いものに蓋をする民族」の法則が発令中です。

自分に当てはめると当然なんですが、もし今わたしが陽性だったら出歩かないですし出歩けないですよ。他人を殺し歩いてるのと一緒ですから。それを「ただの風邪」というにはちょっと乱暴だと思いますが...。

 

1/15 広島80万人PCR検査するかも

順調に拡大しており次の一手として出てきた世界標準の妙案。

これに対してプロである医者が「評価する」とか「無症状には無意味」というコメントですから一枚岩になっていないわけですが、素人も「陽性者が出まくった時の対応どないすんねん」というマッチポンプのような変わり身のコメントに「それなら己が代案を出しなはれ」という状況。

本当に実行されるかはさておき、国民のほとんどが命を天秤にかけて「経済との両立」という無茶な論法に賛成してるわけですから自由行動を担保するには検査しまくる以外に方法はなく作戦としてはアリだと思うのですが、コロナは1度感染して終了ではないので...

いずれにしても陽性者の自覚を促すにはこういう手を使わないとダメなんでしょーね。

つづく...

+2
share
Covid-19
スポンサーリンク
en1.link

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました