Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

2019年2月の仮想通貨界隈雑感「仮想通貨を始めるには良い時期かと…」

最近は個人のプライベート時間が全く無い日が続いております。毎週350キロ移動が通常営業でちょっと疲れ気味。今週末は600キロ移動予定ですが、どうなりますやら。

全く盛り上がっていない仮想通貨界隈。続々と老舗ブロガーが撤退中ですがオジサンはどこまでもマイペース。久しぶりの雑感メモです。これぐらい下がったら誰だって躊躇なく飛び込める価格じゃないですか?損しても知れた額でしょ。今日なんてとても入りやすい日に思ってみたり...。

 

NEM財団の苦境と再生

噂には聞いておりましたが、とうとうの感もあります。

デジタルの、ブロックチェーンの、仮想通貨界隈の話しとはいえ、国境を跨いだ非中央集権スタイルには限界があることになりました。ちょっと残念ではありますが、仕方ないですね。アップルのような未来を見通せる凄腕経営者が指揮官として必要な時代とタイミングもありますし、何が正解ということではないですがNEMも変化する必要があるタイミングだったということでしよう。

NEMの全てが否定されているわけでもないですし、界隈で静かに息をしているネムラー信者の皆様に支えられ再生するんじゃないかと思います。

コミュニティの皆さまへ - NEM JAPAN

 

サンフレッチェコインってなんぞ?

偶然ラジオで聴いたような気がする謎アイテム。

たぶんポイント的な使われ方になるんだと妄想しますがNECソリューションイノベータさんの代物なんだそうです。日経の記事をつまみ食いしたところ...

  • 広島市内商店街でお金を使うとコインを受け取れる
  • 貯めたコインをサンフレッチェのファンイベント参加(権)等と交換できる

つまりコインという名称だけど...どんな中身ですかね。目的は「消費者がスタジアム観戦などに出かける機会を増やし、ファン層の拡大」なんだそうです。いわゆるコインとは性質が異なる感じがしますので後になって名称変更とかありそうですが...昨今のサッカー事情を存じませんがこのクラブチームはスタジアム問題を抱えてるんだそうです。

その立地によってはファン離れなども心配されての先手ですかね。でもどの都道府県のあらゆるスポーツチームもシュリンクは避けられないですよね。人が激減する時代ですから。スポーツと言えどビジネスですから儲からないとなれば撤退も止むなしですが「コインの付与や流通は6月ごろに始」まるそうなので続報をメモるかもしれません。

 

仮想通貨から話が逸れるけどメルペイは台風の目じゃないかな...

価値を交換するアイテムは色々あるわけですが...。

私もメルカリユーザーですが...

確かユーザー数が1200万人だったと記憶しております。そこでカスみたいな商品をお金にしたり、価格を下げた売買定着により価値をカスにしたりと話題に事欠かないメルカリさんですがメルペイはちょっと切り口が違いますよね。

名称はメルペイなんですが...完全にツボを押さえたと思います。

仮想通貨界隈でも別の本業が有ってのICOはいくつかありました。つまり既に何らかのプラットフォームを持っている会社が後付けICOで資金調達。メルペイは仮想通貨もICOも全く関係ないのですが、やっていることを仮想通貨に置き換えてみると完璧な仕上がりです。

色んな文字を入れ替えればメルコインみたいな資料になりますよね。しかもメルペイの店舗用アプリは決済手数料が永年1.5%!この1.5%をめがけてここに参入する消費者が増えると既存クレジットマーケットの壁を崩すかもしれません。売上管理機能はもう少し揉む必要がありそうですが少しずつ改良されることと思います。

この次は...

メルカリ、ラクマ、ヤフオクと色々ありますが、どれを使っても10%の手数料を持っていかれるわけです。そこにカードを使うとカード手数料を持っていかれます。更に消費税で10%...小売で生残る業種は1つしかないような気がします。

いずれにしてもヤフー!が王様みたいな時代の終わりを感じますね。キャンペーンの短かったヤフー!マネー預金払いをテコ入れしなかったのも痛い感じです。だからヤフオクでも毎日くじを引かせたりクーポンを乱発して必死なんですね。それだけ中古市場も回転率が悪いということでしょう。

 

仮想通貨取引所「Binance Jersey」に思う...

今更バイナンスについて解説するつもりはないのですが、1月後半にチラッと気になったのがこのニュースでした。あのジャージ牛のジャージー島で仮想通貨です。長閑な島なのに...。

英王室属領に仮想通貨取引所、「予想以上の登録者」が加入

直感的に新手の出稼ぎ現金回収集団に思えてきました。基本的に合法的なことをされているだけですがお金が回収できる場所に登録しては集金を繰り返す方々の印象。目下西回りでベドウィン中です。一周回って忘れた頃に日本上陸かもしれません。

世界最大の仮想通貨取引所「バイナンス」創業者、41歳の人生

 

SpectroCoin(スペクターコイン)どーなった?

BankeraというICOで大成功したような記憶が...。

いやはや、大昔のことで忘れてましたが...。

2019-01-08

重要なお知らせ

お客様各位

SpectroCoinを代表し、弊社は、日本居住者の皆様にサービスをご提供していないことをお知らせさせていただくことを大変申し訳なく存じます。

弊社は世界的な規制に準拠するというSpectroCoinの目的の一つとして、すでに日本でライセンスを申請するプロセスを始めております。一例として、SpectroCoinはエストニアで認可された2つのクリプトライセンスを取得したばかりであり、次は日本で必要なライセンスを取得したいと考えております。進捗状況は常にお客様にお伝えいたします。

弊社はこの件に関して神経質な問題であることを理解しており、円滑なプロセスを確実にするために最善を尽くして参ります。 - お客様は2月1日まで、すべてのSpectroCoinのサービスをご利用いただけます。この日以降、ご入金オプションは無効となりますが、今後の通知が行われるまで資産の安全性を確保し、資産が凍結されないこと及びご出金を保障するためのご両替及びご出金オプションはご利用可能となります。
 
他にもご質問がございましたら、弊社のお客様サポートチームは24時間365日体制でサポートをご提供し、お客様の資金の安全性を確保いたします。

敬具
SpectroCoin team

先のBinanceの話しではないですが、新しい事業は未完成でもサクっとプラットホームを作った者勝ちでしたね。全体的には下火の昨今もプラットフォーマーだけは概ね安定しており先行逃げ切り一人勝ち。

BitPointやGMOさんは下火でもコツコツと種まき中ですよね。GMOコインさんは昨年度だけで22.5万口座作られたんだそうです。右肩下がりとはいうもののちょっと驚きの数字です。一頃の加熱感も収まり、老舗よりもやる気の感じられる交換所登録を利用した方がお得感があるみたいですね。

 

Token Komuro

一応ね、メモです。

詐欺くさいというより詐欺そのものでしょうが、Etherscanだけ眺めると「小室哲哉さん復活?」と勘違いしそうです。なんとなくオツムの緩い学生が洒落でやらかしてるだけのように感じますが...KEIといえば...まだ錦織ですかね。ロゴも適当ですよね。もはや騙される方が悪いというぐらいの低レベル。

Token Komuro (KEI)

そのツイッターのアカウントが2013年から登録の Deloris May @DelorisMay55 ですが...これをセンテンススプリングがコンテンツとして取り上げたというアホらしい展開です。お金を払って読むコンテンツじゃないですよね。この程度でしか仮想通貨ニュースが聞こえてこないのが寂しい限りです。

〜・〜

今年はジャンプ手前のステップの年だと思います。先回の大暴騰が大人の馬鹿騒ぎ過ぎたので、その反動の落ち込み中の今から半年先程度までは最高に苦しい時期だろうと思いますが...明けない夜はない。いずれにしてもブロックチェーンの時代になっちゃうわけです。

そうこう言ってる間に3月になりますから、今年もあっという間です。

タグ: , , , , , ,

More 27 posts in 仮想通貨 category
Recommended for you
2019年1月の仮想通貨界隈雑感

月に一度の仮想通貨界隈のメモで…