Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

相変わらず法人系の銀行口座開設は手間だった

こっち系の真面目なことを書くこと自体が数年ぶり?ですが本日は法人銀行口座開設のメモです。もしこういうネタを探しておられる方がここに辿り着いたとしたら、基本的に「法人や個人事業主(営業性個人)の口座開設は2-3週間ぐらい余裕を持って手配し、それでもアレコレ手間はかかるよ」というオチです。

今回は個人事業用ですが口座開設しながら法人の口座手配を思い出しました。

実はね...

法人の銀行口座を作ることは年々厳しくなっております。もちろんオジサンのような「どこの馬の骨?」みたいな素性だから手間がかかるわけで、著名なご家族のサラブレットであれば目を閉じていても銀行が口座を作って持ってきてくれると思います。

そんな冗談はさておき、会社を始めるに際し一番大事なものは売上です。

でね、法人や個人事業主の銀行口座手配のイロハのイは「既に事業らしいことを始めている人に対して口座を提供する」という流れです。つまり売上が発生し、事業(のような真似事)をはじめている人に対して口座が提供されます。

しかし実態はそうじゃない人も多いですよね。例えば「来月からペット関連の事業を始める。売上はまだ無い。だけど入金に備えて口座は開設したい」みたいなことです。先の流れで言えば「事業(のような真似事)をはじめていない人」です。こういう人の口座開設は厳しいわけです。

今回は個人事業ですが相変わらず手間なので、思わず法人口座を作った時のことを思い出しました。その当時、会社を作る前も作った後も売上がゼロでした...

  1. 都市銀行の三◯住◯銀行は窓口即答却下
  2. 都市銀行のU◯J銀行は1週間後電話で却下
  3. り◯な銀行は即手続きし1週間で口座ゲット
  4. 信用金庫は電話すら貰えず終了
  5. とある地方銀行で許可を得たものの口座は作らず
  6. とある第二地方銀行で2週間待って口座ゲット
  7. ゆうちょ銀行は3週間待って口座ゲット

こんな感じでした。まあね、オジサンの説明が下手くそだったり、相手への心象が悪かったり、そもそも経営実態が無い0からのスタートアップに対してですから銀行側も口座開設なんて後回しというのは分かりますが、こっちは真剣なので「1日でも早く口座が欲しい!」わけです。

結局メイン口座は都市銀行ではなく第二地方銀行にしました。

職種によりますが取引が小さいのに銀行口座を沢山持っていても経理の手間が増えますから極論1つあれば十分ですが...まぁ会社をやっていると色々ありますから作れる時(←つまり起業時)にまとめて作っておいた方が、後々楽なこともあります。融資とかで...。

でね、今回は個人事業主口座を作ったのですが、ここでも銀行口座手配のイロハのイである「既に事業らしいことを始めている人に対して口座を提供する」という流れです。中には取引先とのやりとりが分かる「見積り、納品、請求といった帳票類を見せてくれ」と言われた銀行も。少なからず有るものを出しましたけどね、ちょっと気になって「もし無かったどうすればいいんですか?」と尋ねたら「その場合は残念ながらお断りさせていただきます」とか言われましてね、ちょっとびっくり。

相変わらず夢を潰すようなスタートアップの出端をくじくやり方に苦笑。

これね...もはや因習ですよね。

銀行が銀行業であることは当たり前ですが、どこまでも「お金の取り扱い」にフォーカスすると自分たちの商圏を手放してることに気づけないのが大名商売ということでしょうね。「どの商圏でビジネスするか」「どのプラットホームの商圏に属するか」を考えると口座は紐づいてる水道管みたいなもので老朽化するメンテ費も捻出できなくなるビジネスモデルだと思いますが...。

今回はできるだけペーパーレスでシンプルにしたいのでネット系銀行の比重が重くなりそうですが、地方ということもありまして昨今話題のゆうちょ銀行も使わざるを得ない感じです。個人展開ではどこがメインバンクになりますやら。

なんとなくタイトル写真の銀行になりそうなので最初の事業用資金をドンと入れときました。やはり最初の印象はとても大事ですね。当初ジャパンネット銀行をメイン口座に考えていなかったのですが、その他の有名なネット系銀行と比べて最も開設が早く、とてもスムーズに口座開設していただけたことに加え、デビット決済機能付きは何かと便利です。入金したり、アプリを触ったり、PCからの操作感覚も問題なし。かなり使えそうです。

〜・〜

ところでね、個人事業主ネタは「屋号が大事」みたいなアフィリエイトサイトも多々ございますが...まぁ色々と思い入れがあってのことですが私が過去に見た屋号でシンプルで気に入ったものがありまして...それは「名前+事務所」というものです。

例えば「山田太郎事務所」です。

とてもシンプルで、たぶん世界に1つ、しかも一目で仕事用と分かります。まぁ派手さは無いですが今でも自分で始める時はこれがいいなーと思いつつ、今回は訳あって別の屋号をつけてしまいました。

ということで仕事用の銀行口座を作るのは年々厳しいというメモですが、実は個人事業でも法人でもいざとなれば書類は整えられます。知り合いに頼んで小さな取引を始めるだけです。誰だって本気でやろうと思えばなんでもでき、どうにでもなるのです。自分で事業を営むというのはそういうことですよね。

実は年末年始超多忙なスタートとなりました。

タグ: , ,

More 11 posts in 事業 category
Recommended for you
「おもてなし」の真価を発揮する民泊はこれからが本番だと思う

住宅宿泊事業法が始まったわけで…