Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

2018年最後の仮想通貨界隈雑感

仮想通貨ネタの記録をサボっておりましたが推移はウォッチしておりました。12月も終盤ですので仮想通貨更新は今年最後になると思います。11-12月の雑感を少しだけメモしときたいと思います。

麻疹みたいな仮想通貨な1年

ふと思い出してMacBookのNewsWireを立ち上げてフィード更新を覗いてみました。今年はフィードをスマホアプリで管理していたのですっかりご無沙汰だったのですが...色々と考えさせられたのが仮想通貨界隈のブログ状況。

国内外問わず気になったサイトを片っ端から登録していたのですが1月に急降下を演じた瞬間に速攻逃げた(当時は激アツだった)ブロガー、それから春まで様子を見てドロンしたブロガー、夏まで様子を見てゆっくり逃げたブロガー、ずーっとマイペースでウォッチしてるブロガーの4パターンでした。

まぁ投資という意味では損切りも大事です。ただね、振り返ってみると分かることですが1月に逃げた人の勘は(かなり)鋭いですよね。その時点でも十分な利があるからこそ逃げやすいとも言えますが、年明け早々ピタッと更新が止まる逃げ技の早い事。

海外勢も息の長い人は半年ぐらい更新が続いていましたがさすがに12月は鎮火。これも来年になれば大騒ぎは2017年(2年前)の話しになりますからオワコンな風潮になると思いますが...懲りずにウォッチしてますよ。2018年は年中BTCのETFやるやる詐欺ネタで終わった感じですね。2019年も楽しみたいと思います。

 

BCHフォーク祭以降は下火展開だけど、とりあえずBTCはNASDAQ先物へ

このせいで本家BTCも値を下げております。かつてはウホウホだったマイナーがマーケット下火によりマイニングすればするほど欲の皮が突っ張った過剰投資故に赤字でお手上げなんだそうです。まぁ投機が終わって良いことだと思います。少し前までサポートラインの45万ぐらいをウロウロしていたみたいですが...この辺りを突き破ってしまうとゴミになる可能性もありますがどうなりますかね。

プロが掘っても赤字のマイニング界隈

そんな中、1年の仕込み期間を経て来年はNASDAQBTC先物が登場するんだそうです。この手の商品が続々と仕込み中であることは知られた話しですがどのタイミングで実態経済にインパクトを与える展開となるのか...楽しみなニュースが続きそうです。私はお釣りの小銭程度しかBTCを持っていないのですが、年末年始は少しBTCを考えてみようと思います。

 

あなたのデータが侵害されました!!!!!!!!!

という迷惑メールが届きました。私の汚い写真を流出させたくなかったらビットコインをよこせということでした。最近流行ってるみたいですね。当然ながらウォレットのアドレスが添付されていたわけですが...暇人ですよね。

一応ブロックエクスプローラでアドレス検索したら「取引件数0、残高0BTC」でした。まさか個別アドレスを発行しまくっているわけではないと思いますが、誰も引っかかってないようです。ビットコインをたかる迷惑メールが届いたら相手のアドレスを見て楽しみましょう。

 

新たな金融カテゴリー「ソーシャルレンディング」

カテゴリーが違いますが今年仮想通貨の次に波が来たのでトレンドに敏感な方がずいぶんギャーギャー炊きつけていた感のあるソーシャルレンディングです。私にもガンガンメールが届きますが...年利が5-10%ぐらいで推移しております。

今時珍しいですが価値はお金以外でも作れるし、その利は最低1割という見方もできます。日々の生活は変化していないようでも気がつけば様変わりしていますね。

お金の運用はこういう時代に入っちゃったみたいです。

 

ソフトバンク上場と米経済

そこにソフトバング(9434)が上場しました。私はたまたま終了3分前に画面を見たのですが最後にズドンと来ましたね。IPO初値が公募より下がることは(たぶん)多々あるとは思いますが、これだけ鳴り物入りの大型案件では珍しいかもしれません。

初日は1,282円でおわり

値段は厳しいのですが、孫さんの才覚は鋭いように感じます。この日の夜FRBが来年の利上げを2回/年にすることをラジオで聞きました。つまり「来年のアメリカ経済は厳しいよ」というニュースです。ラジオを聴きながら「やっぱりソフトバンクは今年中に上場させないとダメな案件だったんだろうなぁ」と思っていました。

2020年にオリンピックがあるから「来年の日本経済はウハウハ〜♪」なお祭り騒ぎを計画中の前期高齢者付近の方々が本気で遊ぶと、いずれバブルが弾け、再びそれ以下の世代がとばっちりを受ける可能性もあり、本気で遊ばないと日本経済の波は年中「凪」で増税され2020年を迎え...

誰でも世の中の波を読んで行動するわけですが...超庶民感覚でベネフィット&リスクを減らして資産運用被害を最小限にするためにピークアウトのタイミングを未来から振り返るとソフトバンク上場タイミングだった「2018年12月かなぁ?」なんて妄想していました。

まぁ、さすがに撤退するにはちょっと時期が早いですかね。

そんな中で「米政府の暫定予算が12/21日で期限切れ」という毎年恒例のイベントですが、日本も他人事では無い日がくると思います。今でこそ「公務員ボーナス万歳」みたいな緩いニュースばかり表に出して景気刺激を演出されておりますが、そういうオールドメディアを眺める世代が社会から消えまくる時代。リテラシーを持つ世代が台頭しだすと情報の流れも変わって当然ですよね。

そんなこんなでまとまりのない終え方ですが...ニュースを見ていると春には新しいサービス開始もありそうです。今年はモバイルペイの時代になった(過去形)と言っていいでしょう。まもなくデジタル通貨も登場します。価値そのもの、収受方法、決済や管理の多様化が常識になり、人類未踏のステージに入るタイミングですかね。

ちなみにわらしべは最終更新から大きく下げましたが気がつけば元サヤ状態。来年どこかで更新したいと思います。

Fintech Leader at PwC Says Institutional Investors Will Turn to Crypto in 2019
More 27 posts in 仮想通貨 category
Recommended for you
2019年2月の仮想通貨界隈雑感「仮想通貨を始めるには良い時期かと…」

最近は個人のプライベート時間が…