Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

まもなく2018年。82年後の未来から見た懐かしい日本。

世間ではクリスマスイブと言われる日にメモしております。

今のトレンドを全く知らず「若い人ってやっぱり楽しみにしてるイベントなんだろうなぁ」ぐらいのレベルです。やっぱりテレビとかだと「どこそこのイルミネーションがきれいランキング」とかやってるんですかね。もはやキリストとの関連性すら無いイベントと化して長く経つわけですが、やはりオジサン世代はJR東海のCMに洗脳されております。

で、この時期になるとこのバブリーな動画に帰ってくる中年は多いと思うのですが、ひとつひとつのCMの主人公以外を見ながら「これを2100年の日本人が見たらどう思うか」を妄想していました。もちろん映っている女優さんが可愛いというのは未来の人が見ても一緒だと思いますが....。

今このCMを懐かしいと想う人は82年後には全員死んでいるはずなので、こういうネットでの再生回数などがランキングされて「へぇー、昔の人ってこんなの見てたんだ」的に見るぐらいなら暖かい話しですが...このCMは人が多く、街が賑やかな時代に撮られた映像なんですね。何と言ってもバブルの真っ最中。どれも夜のシーンで人が少ない時間帯ですが、映り込むカットの数々は演出を含めたとしても自ずと華やかさが漂ってきます。

動画のコメント欄にも書かれている「携帯電話がない、SNSがない時代の...駅員が改札に立って...」ということすら吹き飛ばすロマンスな一喜一憂が沁みるストーリーで、今もやってるのか知りませんが犬が出てくる携帯電話のCMとはレベルが違います。

で、未来にこの賑やかさは無く、総務省HPの「我が国における総人口の長期的推移」という資料を眺めていたのですが82年後の日本は低位推計だと人口3,770万人と出ているわけです。これにまさかの巨大地震でもアタックされようものなら減少スピードは更に加速します。

2000年/12,639万人 → 2100年/3,770万人

まぁ、ここまで下落していないかもしれませんが、根拠なく控えめに妄想しても人口は半分になっていると思います。そのことを妄想してこの動画を見ると映るもの全てが幻想に見えるんですね。クリスマスツリーも、ショップのショーウィンドーも。というか、人口が4,000万時代に北海道から鹿児島まで新幹線が走っていることすら怪しいと思えてきます。昨今話題のリニアモーターカーが必要かどうかも考えさせられます。

そこで間もなくやってくるお正月の数値が気になって調べたら2016年12/28-2017年1/3のJR6社合計利用実績が1144万6千人と出ていました。ざっと人口の1割が新幹線で大移動してるんですね。つまり2100年だと約400万人ってことになります。「んー、もはや人が住む場所は限られてる時代だなぁ」なんて思うわけです。JR6社が残っていることすら想像できません。

で、オジサン世代は日本最後の人口過多世代で、確か中学も高校もクラスが1学年10クラスとかが普通で、1クラス40-45人でしたけど、それが今や半分ということも珍しくないみたいですね。人間は社会的動物ですからネットがあれば場所は関係ないと言い切るのは詭弁で、未来は学校がある場所や勉強を教えられる人も限られるという意味で、今のように自分の気に入った場所で人生の自由な時間を過ごせるというのは貴重かもしれませんね。2100年に今と同じことをしたら世捨て人に思われるかもしれません。

そこに年末恒例の出生率発表で2年連続100万人を割ったというニュース。

完全に多死社会に入った感があります。出生率はこれからもどんどん下がりますが、事態が深刻な場合2050年に50万人/年という数字が見られるかもしれません。それが早まったら本当に深刻。まだ40代半ばのオジサン世代でも止められません。確実なのはこの先数十年人口が減り続けるということ。

で、少し前に話題になったこの動画。1992年の様子ですが...この雰囲気はオジサンが二十歳の頃の様子で賑やかそうに映るもバブル経済が弾けている最中。この動画が残っていたのもバブルのおかげかもしれませんね。

「誰か、この動画から人口を三分の一に減らしたCG作って!」と思って見ておりました。それが82年後の日本である確率は高いですよね。映り込む人の数を減らしたら、かなり寒々しい東京が浮かび上がってくると思います。というか、シーンによっては人が消えて街並みだけが残ります。当然地方に至っては「人っ子一人誰もいない」というのが普通で、大都市以外は全て僻地のような時代なんですかね。渋谷のスクランブル交差点が閑散としている様子を想像できます?今はちょっと想像し難い。

時代というのは過ぎ去ってみないと理解しにくいことですが、今始まっている減少という現象はこれから益々加速すると思うんです。まずもって未来を予想しても無意味ですが、今までは未来に起こることは想像すらしませんでしたし、想像できませんでしたし、そういう情報が届いてきませんでした。でも今は情報が届くので想像でき、妄想できます。つまり昔よりも行動に移すスピードや確率は確実に早くなると妄想しています。

たぶん1ヶ月前ぐらいだったと思いますがYouTubeでTDLのCMを見て違和感たっぷりでした。完全に高齢者向けCMですよね。老人が手に手を取っているシーンは背景こそ違えど老人施設の光景そのものです。時代は確実に変化してますね。

遠い未来は日本そのものが世界遺産というのも全く笑えない話しですが、どんなに政策を打ちまくっても子が増えない内容は全て無駄に思えます。本気で未来を考えると子どもや若者に目が向くはずなんですが、現状は高齢者向けだらけですから普通の若者なら海外逃亡したくなって当然だと思います。

ということで明日も例年通り寒いらしいのでご自愛ください。

タグ: , ,

There are no comments yet

Why not be the first

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


More 11 posts in 人口減少 category
Recommended for you
「少子高齢化」を終え「無子高齢化」へ

人口が減っていることに警鐘を鳴…