TED : 自分の目で世界を見ないと変化に気づけない

おすすめ動画
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ビデオばかり持ち歩いていると「ここは写真を撮りたい」という時に困ります。どっちを持ち歩いても、それなりの量。先日は漁のシーンに同行しており写真が撮れず残念でした。猫の手とはよく言ったものです。タイトル写真はその時のもの。完全にカモフラなオコゼ。

そんなことはさておき、久しぶりにサクっとありがたい動画のメモ。

iTunes登録で自動配信してくれるTED。テレビでも「スーパープレゼンテーション」というタイトルで知られるところです。とても勉強になるのですが、登録したいな!と思ったきっかけの動画がデレク・シヴァーズさんの「社会運動はどうやって起こすか」というもの。人間というのは単純な生き物ですね。

これはこれで秀逸ですが、私が好きな動画は「変?それとも違うだけ?」です。

ここに出てくる例えが日本だから余計にハッとさせられます。見たら目からウロコですよ。

「地球の反対側を訪れるのが好き」になる重要性により「なんであれ正しいことの逆はまた正しい」という発想を持ちたいと思うものです。

物事は善悪やイエス・ノーではなく全て正解ということでしょうか。

それにしてもデレクさん、早口だけどいつも約3分でサクっと内容を伝える姿が印象的。

カップヌードルが出来上がる待ち時間で1つ賢くなる会話ができる人。凡人には訓練あるのみ、ですかね。

このTED、毎日更新情報が届きます。

凄まじいスピードで時代の先端を捉える人の考え方を吸収できるわけですが、少々遅れて日本語も見ることができます。今ネットに有るものだけでも1,000話を超えそうですので適当に眺めるだけで2-3日かかりそうですが、騙された!と思って全て視聴すると、今なにをすべきかのヒントが見えてくると思います。

自分に対して「定期的に海外に足を運べ」という自戒メモでした。

share

コメント

トップへ戻る