ファイナンス

ファイナンス

種銭をひたすら積み立てて気絶するだけのドル・コスト平均法

ドル・コスト平均法についての細かな理論説明は書きません。興味がある方はYouTubeで解説動画でもご覧ください。ここでは結果のみ書きます。一般的には5年、10年長期で投資信託商品を積立運用すれば成果が大きいという人柱テスト。まずは1年のテスト結果を数字で見て「給与が減る時代に投資で増やす」参考にどーぞ。
ファイナンス

続・あなどれない「株主優待」という不労所得&資産形成術

前回の「株主優待」エントリーを見直したら2018年だったので久しぶりに書き残しておきたいと思います。もう2年も経ったんですね。去年もなにか貰ってるはずですが...
ファイナンス

時の流れが早すぎてパニック気味なれどビジネス寄りメモ

自分で仕事を生み出し、それをカタチとして作り上げる「プロセスは楽しい」とは言うもののそれは業種業態によるところも大きく、最近はチラリと小売体験などもしつつ、時代の波の心地よいポイントを探る日々です。つ...
ファイナンス

侮れない「株主優待」という不労所得&資産形成術

最近の若い方は「不労所得」というキーワード好きですかね?本日は株主優待の利回りについてメモしたいと思います。ただね株式投資でハッスルしているわけでもありません。ハッスルしていませんが結果として株主優待利回りは約4%になっており、且つ株価も利益が出ています。
ファイナンス

給与所得控除のメモ(年収10000万円がまったく高給取りではない件)

「1,000万プレーヤー」は全体の5-6%ぐらいらしいですね。1,000万を超えないとルール変更は無いのですが「1,000万プレーヤー」に昇格すると御上に召し上げられる額が年に2万、3万と税額が増えます。
ありがたい一冊

会社にお金が残らない本当の理由 = 消える仕組みになっているから

他所の税理士さんに「騙されたと思って読んでみたら面白いよ。一年生!」と叱咤激励され、長らくAmazonのほしい物リストに放置しておりました。面白かったのは「なぜ、私たちはすぐに安売りを考えてしまうのでしょうか?」という問い。
スポンサーリンク
トップへ戻る