久しぶりに原爆資料館(広島平和記念資料館)へ行ってみた

ひとりごと
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

原爆資料館へ行ったのは昨日今日ではなく昨年の9月頃です。リニューアルしたことは知っていたのですが、こっち方面に用事がないと立ち寄る理由もなくのびのびでした。ちょっとした用事の合間を縫って突撃。

そして今年も暑い夏がやってきました。

毎年思うことではありますが、一瞬で人間が蒸発するほどの熱線と爆風だったわけですが、NHKの新日本紀行で原爆供養塔のことをやっていました。7万柱でしたか。そんなふうに人生を終えた人も世の中にはいらっしゃるわけです。恐ろしいやら悲しいやら。

私がこの場所に始めて訪れたのは小学校低学年で、当時は被曝した馬の剥製なども展示されていたと記憶しています。例の皮膚がただれた「うらめしやぁ〜」状態で街をさまようシーンを再現した蝋人形などのインパクトは絶大で、当時の私は恐ろしくて夜中ひとりでトイレに行くのが怖かった記憶があります。部屋の壁に背を向けてカニ歩きのような状態でないと背後から襲われるような独特の恐怖心でした。

子ども心に自分が生活で歩いている場所がそのような惨状だったことを思うと胸が痛くなったことも覚えています。半分はかわいそうな気持ちですが残る半分は恐怖心。まぁ当時は鼻タレ小僧年齢ですから怖かったり、気持ち悪がったりするのも無理はないですね。

この場所の正式名称が「広島平和記念資料館」であることに先ほど気がつきました。写真に映り込むはJKのみなさま。まだコロナ禍前の平和な日々です。

少し駆け足で中を見ましたが、子どもの時に見た印象の方が生々しく感じました。多くの展示物がデジタル化されていたので迫ってくるものが減ったとでも申しましょうか...。

ちょっと話がそれますが、デジタル展示は緊張感が無いことに気づきました。

多くの展示物がデジタル化されていたのですが、そのデジタルという言葉自体がフィルター化しておりまして、ネイティブであれば受け止め方も違うと思いますが、どこか他人事のような印象すら感じた時間でした。例えばスマート決済だとお金を使いすぎるとか、相手が自殺するまで匿名で誹謗中傷するとか、そういったことはデジタル特有の現象や感覚です。そんな印象を受けたものですから、もしデジタル展示を続けるのならVRまで突っ込んで生々しさを届けた方が原爆の恐ろしさが伝わってよいような気がしました。

鳥目線で爆弾投下から爆風の流れなどをデジタル再現することで「こんな風に被害が及んだのか」という情報はインプットされるのですが、そこに自分の意思で想像力が働かないので過去の現実ではなくデジタルアーカイブを眺めてるだけの印象止まりです。

今この街は遺構の被服支廠を壊すか残すかで議論されてるみたいですが...

個人的には残した方がいいと思います。

たとえばポーランドのアウシュビッツで目にする髪の毛とか、ベトナムの戦争証跡博物館に展示されている奇形児のホルマリン漬けとか、ある意味トラウマになるインパクトです。そんなものに比べればまだまだ優しい遺構です。

かの原爆ドームも取り壊しの議論を経て残ったのですが、今となってはあれがない広島は想像できないシンボルとなっております。被服支廠は4棟あり、それを全て残した際の維持管理費も大変そうですが壊すと全ては後の祭り。

そんなこんなで1年に1度、戦争と平和を考える日がやってきます。

0
share

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました