百年前の日本 – モース・コレクション写真編

今回もトーマス・クック倒産がきっかけで読んだ本。

作者のモースさんは大森貝塚を見つけた人でして、言われてみれば社会科の教科書で見たような見てないような、記憶にはない人でした。こういう記録を残してくれたというのはありがたいことです。

クックの倒産後から日本の明治維新前後の写真を漁り始め、やっと目が慣れてきました。

前にも書きましたが駕籠屋や船頭がケツ丸出しでふんどし一丁の姿は「・・・」でしたが、まあそれも文化ですよね。私も30年前のフィリピン、インドネシア、中国、スリランカ辺りの写真がありますが、当時でも開発途上国でカメラや写真は珍しく、現地の人からかなり珍しがられた記憶があります。モースとはレベルが違う話しですが擬似体験できたのはよかったと感じます。今はスマホで撮ってSNSで共有なので有り難みは無くなりました。

ちなみにフィリピン、インドネシア、中国、スリランカなんて国名は今でこそ「ふーん」ですが、私が旅した当時でも家に固定電話や水道がありませんでした。つまり、この30年間は世界の誰にとっても異常なスピードで変化していることになります。

青色ガラス写真に写る富士山

ちなみに私が撮った写真のネガはデジタル化して全て捨てました。なのでいつでもプリントアウトできますが、いつかまた出かけた時に生写真を手渡ししたいと思いその当時現像した写真を持ち歩き続けて四半世紀が経過しました。別の意味で新鮮でしょ?というのも、当時は日本で買うフイルムも高かったので旅先調達が一般的でした。更に、撮り終わったものは空港のX腺検査で感光すると言われた時代なので可能な限り旅先で現像する派でした。よって手元に残る写真サイズもバラバラ。その多くは写真の裏にKodakと書かれています。

1890年の横浜駅はモダン

もとい、100-150年前の写真を漁って感じたことですが、当時の写真は横浜以外は全て田舎というぐらい横浜を中心に撮影されています。山下埠頭から富士山へは直線距離で100キロ以内。この半径100キロ圏内は洗練されている場所も多く、偶然ではありますが江戸っ子に見られる粋な様子も残っています。

私にとって一番衝撃的だったのが箱根。

というのも横浜駅も新橋駅も同じデザインの建物で、とても日本とは思えない風貌です。上の写真でも洋服、笠、子どもから和洋折衷の最先端が伺えますが、これと同時期の箱根が下の様子。

1890年の箱根関所跡付近

まぁ見方によっては整然としていますが建物から受ける印象は別の国というぐらい雰囲気が違います。ただね、モースさんのみならず多くの外国人が「建物の内部は清潔」と書いております。

1890年の箱根湯本の街道

こういう場所を抜けてホテルにたどり着く旅人の心境を知りたいところです。富士屋ホテルのサイトにも自動車が登場するのは1914年頃と書かれており、それまでの2-30年間は人力車なりで宿へ行き来したことを妄想するだけで不思議な感覚を覚えます。

ホテルヒストリー | 【公式】富士屋ホテルチェーン

今でもこういう格差を感じる景色が見られる国は多々ありますが、全く生活様式が違う国への旅で宿の西洋化対応がもたらした安心感によるインバウンド貢献は大きそです。まぁ別の側面としては外貨獲得などの理由もあるでしょうが...。

そのモースさんですが「日本その日その日」という本があります。その当時のこと、つまり1980年頃の日本が克明にスケッチと共に記録されています。私も一瞬奇異に感じたフンドシ姿はモースさんにとっても奇異だったようです。

実はこの本は青空文庫で読むことができるので買う必要はないので興味がある方は読んでみてください。書かれていることがめちゃくちゃ面白い。1章を少し抜粋しますと...

下駄や草履には色々な種類がある。階段のあたりに置かれる麦藁でつくった小奇麗なのもあれば、また非常に粗末な藁製の、一足一セントもしないようなのもある。これ等は最も貧乏な人達がはくので、時々使い古しが道路に棄ててあるのを見る。

粗末に捨てられた草履の姿を想像できます。

ホテルへ着いた時彼等は十セントとった。この為に彼等は朝半日を全くつぶしたのである!かかる人々の驚く可き持久力は、まさに信用出来ぬ程である。彼等はこのようにして何マイルも何マイルも走り、而も疲れたらしい容子もしないということである。

これは人力車についての感想らしく...1890年の10セント価値は今どうですかね?

店と、それからその後にある部屋とは、道路に向って明けっぱなしになっているので、買物をしに行く人は、自分が商品の間から無作法にも、その家族が食事をしているのを見たり、簡単なことこれに比すべくもない程度にまで引き下げられた家事をやっているのを見たりしていることに気がつく。

住宅兼店舗。確かに昔の建物は結界が自然と融合していて不思議です。

東京の死亡率が、ボストンのそれよりもすくないということを知って驚いた私は、この国の保健状態に就いて、多少の研究をした。それによると赤痢及び小児霍乱(コレラ)は全く無く、マラリヤによる熱病はその例を見るが多くはない。リューマチ性の疾患は外国人がこの国に数年間いると起る。然し我国で悪い排水や不完全な便所その他に起因するとされている病気の種類は、日本には無いか、あっても非常に稀であるらしい。

住宅は超開けっ広げでも衛生的な生活だったようです。

なかでも印象に残ったのが子どもについて書かれた下の文章でした。

いろいろな事柄の中で外国人の筆者達が一人残らず一致する事がある。それは日本が子供達の天国だということである。この国の子供達は親切に取扱われるばかりでなく、他のいずれの国の子供達よりも多くの自由を持ち、その自由を濫用することはより少く、気持のよい経験の、より多くの変化を持っている。赤坊時代にはしょっ中、お母さんなり他の人々なりの背に乗っている。刑罰もなく、咎めることもなく、叱られることもなく、五月蠅(うるさ)く愚図愚図(ぐずぐず)いわれることもない。日本の子供が受ける恩恵と特典とから考えると、彼等は如何にも甘やかされて増長して了いそうであるが、而も世界中で両親を敬愛し老年者を尊敬すること日本の子供に如くものはない。爾の父と母とを尊敬せよ……これは日本人に深く浸み込んだ特性である。子供達は赤坊時代を過ごすと共に、見た所素直げに働き始める。小さな男の子が往来でバケツから手で水を撒いているのを見ることがある。あらゆる階級を通じて、人々は家の近くの小路に水を撒いたり、短い柄の箒で掃いたりする。日本人の奇麗好きなことは常に外国人が口にしている。日本人は家に入るのに足袋以外は履いていない。木製の履物なり藁の草履なりを、文字通り踏み外してから入る。最下層の子供達は家の前で遊ぶが、それにしても地面で直かに遊ぶことはせず、大人が筵を敷いてやる。町にも村にも浴場があり、そして必ず熱い湯に入浴する。

写真から想像すると、カテゴリーは子どもですが待遇は大人と同等ですので辛さもあったでしょうね。小学生ぐらいの子どもが赤子の世話をする時代ですから。でもモースの文章に悲壮感は無い。どちらかというと伸び伸びした印象を受けます。

1980年ごろのこどもたち

参議院資料に「歴史的に見た日本の人口と家族」というのがありまして現代までの人口推移が書かれており、それまでは多死社会だったものが少死化に転換し出生率が上向いたとありました。私の記憶にも産まれてから大人になることが難しい時代という認識は消えつつあります。巷では人生100年とか言ってますが、1921年~25年の平均寿命は42.06歳だそうです。今から100年前だと私は既に死亡。日本が衛生的だと書かれていても死ぬのが早い時代だったようです。

この本からもトーマス・クックが初期の世界一周旅行をしていた頃の日本の姿を楽しむことができました。色々と考えさせられますよ。例えば(新興)宗教とか。没入すると、それが全ての如く語られる時代ですが、100年以上前の写真を眺めていると全く関係ない時間軸で物事が進んでおりそれが全てではないような気もします。正に新興。不思議な時代を生きてますね。

ちなみにこの本に出てくる写真はNスペの「司馬遼太郎 思索紀行 この国のかたち」でもちょいちょいインサートされています。私がそのことに気づいたのはこのじ様の写真。

1890年の煙管を持つ老人

1890年だと男はボウズ頭が一般的のようですが後方には4-5人帽子をかぶった姿も。この写真、どうしてこんなにもインパクトがあるのか不思議な写真です。吸い込まれる感覚。このじ様も、よもや自分が130年後にも注目されるなんて想像できないですよね。

なんとなく「どーだい、お前もコイツで一服するかい?」みたいな茶目っ気に頬が緩んだポーズの後ろに写る面々の歯を見せた笑顔のせいですかね。

これを見て私もハッと気付きました。この写真を撮っているのが外国人ということを。つまり外国人(旅行者)に対してこういう笑顔を見せることが出来る国民だったわけです。私もそれなりの渡航経験がありますが、どの国でも笑顔でもてなしてくれるわけではないので良きDNAを持った国民として嬉しくなります。こんな時代を経て今があると思うと、この写真のじ様に対して「初代インバウンド大使のお勤めご苦労」と言うべきですかね。

道徳的教訓の重荷になっている善徳や品性を、日本人は生れながらに持っているらしいことである。衣服の簡素、家庭の整理、周囲の清潔、自然及びすべての自然物に対する愛、あっさりして魅力に富む芸術、挙動の礼儀正しさ、他人の感情に就いての思いやり……これ等は恵まれた階級の人々ばかりでなく、最も貧しい人々も持っている特質である。 - エドワード・シルヴェスター・モース

とても見応えのある本で満足です。お勧めの一冊です。

タグ: , ,

More 64 posts in ありがたい一冊 category
Recommended for you
COOK ‘S TRAVEL SERVICE : Over the Seven Seas

ボチボチやめますけどね、まだ読…