可処分時間分配ネット動画いろいろ

音楽もサブスクリプションになってからというもの、ダウンロードして聴く機会が激減。でも今だにサブスクを利用していません。たぶん頭の片隅に「サブスクだと所詮レンタルで、電気グルーヴみたいな事件をきっかけに突如聴けなくなるし、手元に幾らでも聴ける曲があるのに定額にするほどでもないなぁー」みたいなことです。

手元のiPhoneを確認したら約1年で14アルバム増えましたがダウンロードしたのは2曲だけで、12曲は廃盤CD取り込みデータ。サブスクだとお金払ってるから聴かないともったいない病になると思いますが、サブスクしていないとその時間を別のことに費やせます。サブスクは一度陥るとアリ地獄ですね。

でね、音楽だけに限らず自分に心地よいものばかり見聞きしていると浦島太郎になるのでネットでちょいちょい情報を漁ります。本日はユーチューブでマネタイズすることだけを考えているアフィリエイター的ユーチューバーと違い、自分の努力・技術・感性によるアーティスティックな要素を動画でアップされている「凄っ!」みたいな方々のメモです。

 

ドクター・キャピタル Dr. Capital

売れる音楽は歌手の個性や声色も大事ですが、曲自体が大ヒットするためのツボを抑えているので売れるべくして売れており、事実売れている曲を聴くとアレコレと似たフレーズだらけだったりしますが、その理論自体はNHKだと亀田音楽専門学校ですが、ネットの方がオモロイやん、みたいなリアル大学教授による解説が秀逸なハマり動画。

ド演歌?興味ない?ナメてはいけません。日本固有の文化です。

 

しらスタ【歌唱力向上委員会】

説明書きによると「『しらいしスタジアム』通称『しらスタ』。ボーカルトレーナーが運営!ハッピーに歌が上手くなりたい人のためのチャンネルです✨挙動不審なわたしを眺めたいだけの方も大歓迎💕高評価・チャンネル登録をしてくれた人には運気が2mmだけ上がるハピネスマジックかけておきます🎁」というチャンネルです。

どちらかというと中性的個性の方なのでテレビウケけする乙女だと思います。まだテレビに登場されてない?たぶん担がれるのも時間の問題ですね。素敵なキャラです。

上の2つの動画はどちらも売れる曲のテクニック公開動画です。こういう形でアップされ続ける動画からAIが学習し、AI作曲からヒット連発というのも有り得ると思います。

 

箸休め動画 : Pookies【カイくん・みぃちゃん・もやちゃん

アニマルトレーナーのクロダさんが犬と猿の行動をひたすら「検証(と書いて溺愛と読む)」する動画なんですが、この動画はテレビを超えたと思います。こういう動画は今まではテレビでしか出来なかったことですが、スマホ一丁でアップロードの時代。ちなみにこの動画視聴の主役は犬や猿ではなく人間のクロダさん。ニホンザルのカイくんを試すシリーズが定番ですが、実のところ犬や猿に人間が試された時のシーンでツボります。

上の動画には出てきませんがこのシリーズで大好きなのがシャーペイのもやちゃん。もやちゃんぐらいオリジナルで我が道を往く人生を歩みたいものです。

 

MichaelRogge氏の日本シリーズ

不覚にもついつい見ちゃう昭和動画。

古い動画を見たくなるとたどり着く不思議な動画です。撮影者のロゲさんは香港と日本に住んだことがある方らしく1955-1960の動画は秀逸。かなり貴重な記録映像です。

この動画は私が生まれた頃ですが...この時点で近代化が感じられます。もちろん昭和臭プンプンなんですが完全否定するほどの違和感もなく、そう感じる自分がオヤジ化してる証拠ですが、今初音ミクとか言ってることがオヤジ化するのも時間の問題。昭和は人間臭で溢れた世界ですね。今のようにギスギスした社会ではない。どことなく人間が主役であることが感じられてホッとする映像ばかりです。

 

ICHIROの英語シリーズ

たまーに見るとレコメンで推してくるのがウザいですが中身はガチで使えるからハマった動画です。英語上達のテクニックは色々ありますが、構えると視覚的に学び始めます。文字通り目で文字を見て記憶するパターン。この動画は目を閉じて耳で覚えた音を文字と合わせる感じとでも申しましょうか...。
 
こーゆー入口だと英語上達も早くなると感じちゃうひとつですね。
 

数年前は「はいじぃ迷作劇場」などの緩動画を見た時期もありましたが、だんだんユーチューバーコラボが増え、アメトークの雛壇芸人みたいな状態でオリジナリティが感じられなくなりそっち系の箸休め動画は見なくなりました。

 

キミアキ先生の起業酔話

たぶん3-4年前に一度はメモしてると思います。続けるとオバケ番組になってしまうお手本のようなネット動画です。編集なしのワンカメ一発撮りで視聴者を引き込むスタイル。先日久しぶりに見ましたが....内容は昔から一緒ですが、表現をオブラートに包むことをせずリアリティのあるトークに変更されてました。これは余計にグイグイ引き込まれますよね。(オブラートとか表現が昭和すぎるな....)

どの動画も面白いのですがサムネが分かりやすい動画を選んでみました。このトークスタイルはもふもふ不動産も同じですよね。どちらも共通しているのは魅せる動画に加工せず、あくまでもIT周りは道具として使う側に徹し、1 話簡潔で伝えきること。キミアキ先生は人の痛みが分かる税理士だろうと思います。苦労と努力が人柄とトークからひしひしと伝わってきます。

〜・〜

どれも「あー知ってる知ってる」みたいな動画だと思いますが、このあたりの動画を見ているとトレンドや社会情勢が短時間で掴めるのでテレビは要りません。ワイドショーの要約みたいなもんです。

ところで5年前のユーチューブと今のユーチューブには劇的に違う点が1つあります。

昔も今も相変わらずペット動画は多いですが、日本人でも顔出し動画が増えました。5年もすればトレンド転換してるわけです。さらに5年後はマスクマン動画で機会損失したことを嘆く人も出てくると思います。最近は政治経済をバッサリ斬る芸能人のネット動画も賑やかなようで「○○してみた」レベルは終焉のご様子。てなことて久しぶりに緩いネット動画メモでした。そのうち海外勢でよく見る動画もメモりたいと思います。

タグ: , , , ,

More 15 posts in おすすめ動画 category
Recommended for you
参院選に見る世代交代劇 : なんで山本太郎さんのトークは心を揺さぶるのか

本日は山本太郎さんに見る日本の…