Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

最近閲覧した商品とおすすめ商品の罠と履歴削除のススメ

琉球新報の若い記者が「ネット右翼でした」という記事が話題だったらしいのですが全く知らず。簡単に言えば右向きの若者が左向きを学んだということですが、考え方の変化は誰にでもあることです。つまり殆ど興味はないのですが、「ネット右翼」という言葉の定義に考えさせられました。

ネット右翼」という言葉も定義はきちっと定まっているものではないと思います。ただ私が思う「ネット右翼」の定義としては、現場に行かないで、例えばインターネット上の情報で自分の考えを固め、「右」的な考えをネットで発信するというものではないかと考えました。そういう意味で、自分は「ネット右翼」だったと思っています。

今書いているこの文字もご本人の事をネットニュースで知ったレベルでメモしているという極めていいかげんな内容ですが...今はAI夜明け前でまだまだ不完全な「おすすめ機能」なのに、既に「考える行為」の欠落した人が増え続けているように思います。

アマゾンでもヤフーでも楽天でもECサイトは検索履歴を元に関連情報を引っ張ってきては「おすすめ商品」をアピールしてくるのが有難いのやら迷惑なのやら。個人的に気になっている情報の流れを書いてみますが...

a.ヤフーコメント

たぶん誰でも感じていると思うTop3コメント。3位と4位の差は概ね大差。つまり多くの人がTop3コメントだけ目を通して終わってることになります。文才のある人が誰よりも早く短文でパンチラインを利かすと共感する人は増えるわけですが...私は気になるとクリックしまくるタイプですが皆さんはどうなんでしょうね。

b.定額音楽配信サービス(サブスクリプション型サービス)

CDという言葉は死語で、ダウンロードという行為も死語に追いやっている最中ですが、サブスクリプション型を自分自身が能動的にアップデートした情報を元に聴きまくる場合はともかくヒットチャートやおすすめ機能に頼った場合のクリエイターの収入が気になります。どんな媒体でも売れる曲は売れる。売れない曲は山ほどあると思います。問題はデジタル化でコスト削減された時の収入格差。

有線大賞のように電話リクエストの時代ではないのでネット経由でいくらでもリピート再生できるわけですが、聴かれれば聴かれるほどシステム的にオススメしてくる機能とクリエイター収入は相入れないのにこちらの方向へシフトしております。

c.アマゾンのおすすめ

日本のECサービスではあまり感じませんがアマゾンだけはデータを完璧に使いこなしている感じがします。かなり古い購入履歴や検索履歴、クッキー削除後でも忘れた頃にピンポイントで的をついたおすすめを送りつけられております。

d.ユーチューブ履歴からのおすすめ

一度おもしろい動画を見つけると延々とおすすめしてくる「あなたへのおすすめ」や「ミックスリスト」機能。これをスマホやタブレット操作すると他の動画は無いかのごとくおすすめがしつこいですが設定から履歴をリセットして履歴保存を拒むと明らかに自分の興味がない動画が大量に出てきます。日本全国のユーザーが履歴をリセットしても残るユーチューバーは極僅かでしょうね。

類似サービスは山ほどありますがこれらがブラウザのIDで紐づけられるとパソコンでもスマホでも同じ同じことが繰り返されます。これを便利と感じるか洗脳と感じるか。もはや一家に一台「履歴の残らないデバイス」が重宝されるんじゃないかと思うぐらい情報は紐づけられています。

ここまではモノのことしか触れていませんがヒトでも一緒ですからやっかい。

このことと琉球新報のニュースは似てますよね。良いとか悪いとかではなく常に考える癖がないと誰だって偏った情報に流されます。そこがマネタイズのミソだったりしますが...。そのうち「この人はそういう情報を嫌がる人だから"そういうタイプ向けへのおすすめ"で括ろう」なんて時代が来ますかね。

今年は綺麗な桜を愛でる機会に恵まれず...

タグ:

More 57 posts in ひとりごと category
Recommended for you
続・今は野遊びの時間を意図的に作ることが重要な時代

Zaifさんがトラブったらしく…