Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ビデオカメラ 三脚 (ミニマム級)

先日ブログのメンテ中に「これ、もっと便利に使いたい」とか思って不用意にアップデートされていないプラグインを放り込んだら自分のサイトにアク禁という事態に頭が真っ白。いきなり「このページにアクセスする権限がありません」とか表示されても…です。久しぶりにFTPをひっくり返して問題のプラグインを探して削除オペ。普通はバックアップした後でデータベースを除いて再インストールという面倒なことをするのですが、大鉈振ってバッサリ。10分程度で回復はしましたが…アップデートされていないプラグインの恐ろしさを味わっている今日この頃です。

さてと...

三脚シリーズラストはいざという時のものですが、いざという時が5年に1回ぐらい巡ってきます。勢いでメモっておきます。

本番で5回ぐらい使った「Slik mini Ⅱ」

高さは15cmぐらいでしょうか。とても小さい三脚ですがカメラを乗せるとレンズ位置は25-30cmの高さになります。類似三脚は色々ありますし「これぐらい本を重ねて載っけたらokでしょ」という声も聞こえそうですが親しく無い方で狭い場所でのインタビューなどはテーブルの上にちょこんと置いて撮ったものです。他にも海や川の岩場とかで三脚を置けるスペースが限られていたりバランスが取れない時にも重宝しました。トレッキングで遭遇する地を這う生き物の撮影とかにも使ったかな。ヘビとかカエルとか...ちょうど良い高さです。

Slik mini Ⅱ

この三脚は今でもプライベートでよく使います。やはり20cm程度の高さですからコンパクトで重宝します。これをバッグに入れて邪魔と言っては撮影なんて楽しめませんよね。ただ、もしビデオ撮りであればパーン棒が付いている方が圧倒的に便利です。更に欲を言えば着脱可能なクイックシューが付いていれば完璧。以前は持っていたのですが使いすぎて壊れました。理想に近いのは下の写真の「VANGUARD VS-82」ですね。

VANGUARD 三脚 VS-82 2段 コンパクト 2ウェイ雲台

ただ欲として「VANGUARD VS-82」のシューも固定というのが残念。着脱可能なクイックシュー付きは日本ではあまり見ませんが本家Amazonであれば日本までの送料を含めて3-4千円出せば色々品定めできます。必要な方は円高の時にどうぞ。

これも時々使った「Slik F133」

高さが70cmぐらいまで伸びるので今ではプロジェクター台と化していますが...時々映画ネタを書いていますがこの上に乗っている単焦点プロジェクターで楽しんでいます。

Slik F133

これもカメラを乗せるとレンズ位置は40-45cmぐらいになります。なんとも微妙。こういう微妙な三脚の出番は少ないのですがぴったり当てはまるシーンには絶大な効果があるので持っています。が、どちらの三脚も入手価格は中古で500円ぐらいだったと思います。慌てる必要がないのでネットで掘り出し物に出会った時に買えば十分。これもテーブルの上に乗せてインタビューで使った記憶があります。小さい三脚は狭い場所で重宝します

持っているカメラの重さによりますが「Slik mini Ⅱ」の類似品は1つあると便利ですよ。デザインにこだわるならmanfrottoのミニ三脚シリーズはミニマムデザインで良さそうです。高さを補う撮り方に工夫を凝らせばミニ三脚のみでビデオカメラを安定させることだけの用途に的を絞ると荷物は劇的に減りますね。

ビデオカメラ用軽量三脚 トラベル編 (中華系おそるべし)ビデオカメラ 三脚 (ウェルター級) - en1ビデオカメラ 三脚 (ヘビー級) - en1

タグ: , , , ,

There are no comments yet

Why not be the first

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


More 11 posts in 映像制作 category
Recommended for you
GoPro HERO3を眺めてデジタルとの線引きを考える

GoPro HERO3のレビュ…