2013年5月の雑感 : 「企業は人なり」時代の終焉を感じるGW

テーマなき雑感の束
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

毎日フィードリーダーを読むのが楽しみですが、世間は休みということで企業更新は殆どゼロ。個人の更新は定期的。個人では時間があるせいか更新回数も増え気味。「企業は人なり」という言葉が身にしみます。

私はFacebookをしていないので、それを中心に更新している方の情報は見られません。さりとて登録して見るほどの価値もナシと思い登ログインしませんが、企業が情報をもたらすという考え方は捨てた方がよいな、とか思う今日この頃です。

さてと...

変化を得るには「ヒト・コト・場所」を変えるのが手っ取り早いといわれておりますが、ここ数年を振り返ると「ヒト・場所」を少しずつ変えています。問題は「コト」です。これについて常々やってみたいと思ってたことがあり、手間がかかるのですが来月から初める準備をしていました。

びっくりするほど手間がかかるので...たぶん誰もやらないと思うのですが、だから価値が生まれるとも言えます。

切り方、作り方を少し変えるだけで和食にも洋食にもなる。

少し前に岡山のインキュベーション施設に伺った時もそんな会話でした。10年ほど同じことを掘り下げて研究し、やっと点のようなブレイクスルーの兆候が見られるという年配者の言葉には含蓄がありました。

それにしても3月からフル回転。そろそろ小休止したい。

share

コメント

トップへ戻る